住宅購入のための資金援助

シングル女性の肥%が購入時に親からの援助を受けたというデータもあり、可能であれば、ぜひ頼みたいところです。親からの援助はいくらまで使える?通常、親や親戚から1年間に110万円を超えるお金をもらうと、もらった側に贈与税がかかります。ところが!住宅購入のための資金援助であれば贈与税は安くなるのです。2007年吃月訓日まで、一定の条件を満たせば、「住宅資金特別控除の特例」として3500万円まで贈与税がかかりません。2008年1月1日以降は2500万円までに減額されるので、贈与を一堂けるなら早めがおトクです。この制度の恩恵に預かるための条件は表のとおりです。さらに、この制度の特筆すべきポイントは、購入した住宅の名義は、親ではなく自分にできること。たとえば、3500万円のマンションを親から全額援助してもらって購入したら、自分は一銭も出していなかったとしても、マンションがわが城になるのです。上記の条件に当てはまらないのなら、一般の「相続時精算課税制度」(特別控除額2500万円まで)を検討しましょう。こちらは、砧歳以上の親から加歳以上の子への贈与なら適用になります。

資金計画を立てることが大切

なんのためにマンションを買ったのか……。ローンの支払い期間は釦〜訓年あります。金銭而でも精神面でも、これまでの自分と大きくかけ離れずにいられるような、ゆとりのある資金計画を立てることが大切です。◆頭金を貯めるための節約術総支払い額を低くするのにも、頭金は多いに越したことはありません。なぜならば、頭金が多ければローンを組む額が減り、それにかかる利息も減るので、総支払い額が抑えられるからです。では、貯蓄はすべて頭金に回したほうがいいのでしょうか。答えは×・ローン手数料や登記費用などにかかる諸費用、新居に合った家具や電化製品の購入費用、引っ越し代や不測の事態のためのお金も計算に入れておかなければなりません。頭金の理想は、物件価格の2割です。つまり、3000万円のマンションなら、頭金として600万円は用意したいものです。これは以前、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機榊)の融資可能額が物件価格の8割だったことに由来しますが、公庫廃止後の現在も目安にするとより安全です。ただし、住宅ローンは税金の控除の対象にもなります。

ピックアップ